内線クラウドでまるっと解決 > お役立ちコラム > お客様サポート、カスタマーサービスのテレワーク導入は『クラウドPBX』で解決

お客様サポート、カスタマーサービスのテレワーク導入は『クラウドPBX』で解決

ランキングはこちら

Pocket

コロナ禍の影響により、テレワークを導入する企業が増えた現代。それに伴い「クラウドPBX」の需要が高まっているのをご存じですか?
テレワークになったことで、社員同士のコミュニケーション手段が「スマホ」になりました。そんな状況のなか、多くの企業からクラウドPBXが注目を集めているのです。
そこで、今回はクラウドBPXの概要や、テレワーク現場に導入するメリットなどについてご紹介します。

クラウドPBXとは

クラウドPBXとは、クラウド上から内線同士を接続したり、外線を内線へと接続したりするサービスのことです。
一般的な内線は、新たに電話機などを設置したり、電話回線を確保したりなど、さまざま手間・コストがかかる方法が主流。しかし、クラウドBPVは、インターネット回線を使用して内線・外線を接続するため、改めて電話機を準備、電話回線の契約、などは必要がありません。すでに所有しているスマホを、社用電話として使い分けることも可能です。
そのため、テレワークを進めている、お客様サポートやカスタマーサービスなどの現場では、クラウドPBXが非常に便利といえます。

テレワーク現場にクラウドPBXを導入するメリット

テレワーク現場にクラウドPBXを導入するにあたり、企業はどのようなメリットを得られるのでしょうか。
ここからは、テレワーク現場を後押しする、クラウドPBXの魅力について詳しくご紹介します。

設定の変更や、番号の増減が簡単

クラウドPBXをテレワーク現場に導入するにあたり、非常に大きなメリットであるのが、設定や番号増減の手間が少ないことです。
内線や外線を使用するにあたり、必要に応じて設定を変更したり、従業員の人数や環境にあ合わせて番号の増減を行わなければならないことがあります。
一般的な内線では、いずれも手間も時間もかかる作業ですが、クラウドPBXは簡単に対応できるのです。
そもそも、各設定・操作はインターネットから行えるため、状況に合わせて適宜変更しながら使用できます。

付加機能による充実した機能性

クラウドPBXを提供するサービスによっては、豊富な付加機能を謳っているケースもあります。
例えば、通話を自動で録音したり、稼働状況を自動でモニタリングしたりする付加機能は、テレワーク現場に便利なのではないでしょうか。
また、外部のサービスと連携できるタイプもあるため、より一層使い勝手の良いサービスとして導入できます。

場所・拠点数に影響されない

テレワーク化が進む現場において、最大のメリットともいえるのが「利用場所・拠点の数に左右されないこと」です。
従業員が各自自宅で電話対応を行う場合、場所・拠点数に左右されることなく導入できるクラウドPBXは便利でしょう。
そのうえ近年は、自宅に電話回線を確保していない世代が多いもの。インターネット回線を使用して通話できるクラウドPBXは、新たに使用場所へ電話回線を確保する必要がないため、スムーズに導入を進められます。

所有しているスマホを社用携帯化できる

テレワーク用に社用携帯を購入し、従業員に配布する企業がありますが、クラウドPBXを利用すれば社用携帯は必要ありません。
すでに所有しているスマホに、専用のアプリなどをインストールすることで、個人のスマホを社用電話として活用できるのです。
そのため、「テレワークを導入している期間のみ」といった期間限定で導入することも可能。携帯電話を新たに購入するコストがかからないため、必要最低限の初期費用だけで社用携帯を導入できます。

クラウドPBXを選ぶポイント

現在、国内ではさまざまなクラウドPBXサービスが展開されています。ここからは、失敗しない「クラウドPBXを選ぶポイント」を解説します。

高い通話品質を誇るサービスを選ぶ

クラウドPBXを選ぶにあたり、まず注目したいのが「通話品質」です。
実は、サービスによって通話品質には大きな差があります。通話品質が低いサービスを選んでしまうと、途中で音声が切断されてしまったり、音声が遅延してクレームに発展したりしてしまう恐れがあるのです
結果的に、カスタマーやオペレーターの負担が大きくなってしまうため、通話品質の高さを重視して選ぶ必要があるでしょう。

スマホに対応しているサービスを選ぶ

クラウドPBXサービスの多くはスマホに対応していますが、一部ではandroid及びiPhoneに対応していないことがあります。
テレワーク環境で導入するのであれば、スマホへの対応は必要不可欠といっても過言ではありません。
クラウドPBXのサービスを選ぶ際には、必ずスマホに対応しているのかを確認してください。

おわりに

クラウドPBXは、テレワークを検討している企業及び、すでにテレワークの導入が進んでいる企業にとって頼もしいサービスの一つです。とくに、「社内携帯」の普及が進んでいない企業の場合、クラウドPBXは、低コストでスムーズな社内携帯の導入を実現できるでしょう。
「社内でのコミュニケーション手段に課題を感じる」といった悩みを抱えている方は、ぜひこれを機にクラウドPBXの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ランキングはこちら

関連記事

スマホ内線化クラウドPBX比較

内線クラウド Circle Cloud

主な機能

  • #電話番号の変更なし
  • #番号そのまま利用可能
  • #6000台の導入実績
  • #業界トップクラスの高音質
  • #セキュリティー対策も万全
  • #約200ユーザーまで無料
  • #様々なCRMとも連携
  • #050や0120番号も提供可能
  • #デスクトップを共有する事も可能

Circle Cloudが「 IT導入補助金2020の対象ツール」

おすすめ度

  • 価格★★★★★
  • サポート★★★★★
  • 機能★★★★★
  • 導入実績★★★★★

Circleのクラウド電話サービスは、インターネット接続環境さえあればすぐに利用可能で初期費用も運用費も安く抑えられます。
外出先や出張先の電話は海外でも内線化できて通話料を無料にできたり、スマホや遠くにいる支社からでも代表番号から発着信ができます。
ビジネスシーンで便利なWEB会議やデスクトップ共有といった機能も利用でき、わかりやすい料金体系に加え問い合わせればすぐに見積もりを作成してくれます。
リモートワークや在宅勤務の仕組みを会社として導入検討されている方。Circle Cloudなら、会社の電話を自宅でとれたり在宅での作業も可能となります。

こんな会社におすすめ!

  • 電話の運用コストを大きく削減したい
  • 外出や国内出張、海外出張が多い企業
  • 支店が多く出張や在宅ワーカーが多い企業

Biztel

主な機能

  • #代表番号発着信
  • #IVR(音声ナビ)
  • #課金明細が明確
  • #通話履歴を閲覧可能
  • #コールセンター管理
  • #稼働状況モニタリング
  • #エージェントレポート対応
  • #ソフトフォン利用可能
  • #電話帳共有が可能
  • #最短5日で導入
  • #全通話録音機能

おすすめ度

  • 価格★★★☆☆
  • サポート★★★★☆
  • 機能★★★★☆
  • 導入実績★★★☆☆

大手企業も契約していて実績もあります。
料金は利用規模に合わせて用意されていて、一番お得になるプランを選べます。
公式サイトには導入事例がわかりやすく掲載されていて導入イメージがわきやすいです。

こんな会社におすすめ!

  • コールセンターを24時間対応で作りたい
  • 電話の無駄な取次ぎを省き複業務効率化をはかりたい
  • 営業時間外の問い合わせのとりこぼしをなくしたい

オフィスリンク

主な機能

  • #話中転送
  • #応答遅延転送
  • #無条件転送
  • #着信圏外転送
  • #保留転送
  • #発信、着信系
  • #コールハンティング
  • #パーク保留
  • #パーク応答
  • #発信規制
  • #マルチライン

おすすめ度

  • 価格★★★☆☆
  • サポート★★★☆☆
  • 機能★★★★☆
  • 導入実績★★★☆☆

日本3大キャリアに数えられるNTTドコモが提供するPBXサービスということで、安心して利用できます。
NTTドコモの携帯やスマホを内線化でき、外出先でも定額通話できますし、全国が内線エリアになるうえ好きな端末を利用できます。

こんな会社におすすめ!

  • 既存ビジネスフォンをそのまま利用したい
  • 通話環境の品質を重要視している
  • 好きな端末を内線化させたい
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。
ページトップへ
おすすめ比較ランキングはこちら