内線クラウドでまるっと解決 > お役立ちコラム > クラウドPBXとオンプレIP-PBXの違いとは?

クラウドPBXとオンプレIP-PBXの違いとは?

ランキングはこちら

Pocket

クラウドPBXという言葉を聞いたことはあるものの、いまいちどういうものかよくわかっていない…という人は多いです。
ここではクラウドPBXとオンプレIP-PBXの違いについて比較してみましょう。

オンプレ型とクラウド型の違い

オンプレでPBXを構築する場合、PBXを設置する環境を用意しなければなりません。
確保された環境にPBXを設置するのですが、それと同時にPBXに接続する電話回線、光回線の契約を行って、PBXに接続する回線を確保しましょう。

またPBXに到達した電話はコントロールされた後、各電話機端末に音声データを転送する必要があるので、配線コード、社員分の電話機端末も必要です。

クラウド型で、PBXを構築する場合には、クラウドPBX事業者がすでに構築している電話システムをインターネットを介して、電話交換機能をサービスとして利用します。

自社のシステムになにか手を加える必要はなく、すでに構築されているシステムを利用することができるので、オンプレ型と比べると圧倒的な速さで利用が可能になるでしょう。

クラウドPBXとオンプレIP-PBXの共通点とメリット、デメリットは?

クラウドPBXとオンプレIP-PBXは、利用規模としてどちらも国内・海外を含む複数拠点で、一拠点内でも階が異なるフロアでも利用できます。

クラウドPBXは、インターネット回線がある場所であれば世界中どこでも利用可能であり、スマートフォンやパソコンなど働き方に合わせて柔軟に利用端末を選択できます。
ただ、ネットワークが不安定な場合、音声が途切れるなど音質が悪い場合もあります。

コスト面で考えると、インターネット回線の月額料金、プロバイダー料金と、外線通話にかかる通話料金が必要です。

一方、オンプレIP-PBXは企業内で構築されたネットワーク上にIP電話機とLANケーブルを接続することで構築が可能です。
IP電話機やソフトフォンなどでの通話が可能ですが、電源を必要とするため停電時には利用できなくなってしまうでしょう。

コスト面で考えると、拠点毎のインターネット回線の月額料金、プロバイダー料金、外線通話にかかる通話料金が必要です。

ランキングはこちら

この記事の監修者

この記事の監修者

五十嵐 亮(イガラシ リョウ)

IPTPC認定技術者資格、電気通信主任技術者

経歴
NTT西日本の法人回線営業にてトップの成績を残し転職。現在はIT企業にて 起業開業支援コンサルティングを行っている。

関連記事

スマホ内線化クラウドPBX比較

内線クラウド Circle Cloud

主な機能

  • #電話番号の変更なし
  • #番号そのまま利用可能
  • #6000台の導入実績
  • #業界トップクラスの高音質
  • #セキュリティー対策も万全
  • #約200ユーザーまで無料
  • #様々なCRMとも連携
  • #050や0120番号も提供可能
  • #デスクトップを共有する事も可能

Circle Cloudが「 IT導入補助金2020の対象ツール」

おすすめ度

  • 価格★★★★★
  • サポート★★★★★
  • 機能★★★★★
  • 導入実績★★★★★

Circleのクラウド電話サービスは、インターネット接続環境さえあればすぐに利用可能で初期費用も運用費も安く抑えられます。
外出先や出張先の電話は海外でも内線化できて通話料を無料にできたり、スマホや遠くにいる支社からでも代表番号から発着信ができます。
ビジネスシーンで便利なWEB会議やデスクトップ共有といった機能も利用でき、わかりやすい料金体系に加え問い合わせればすぐに見積もりを作成してくれます。
リモートワークや在宅勤務の仕組みを会社として導入検討されている方。Circle Cloudなら、会社の電話を自宅でとれたり在宅での作業も可能となります。

こんな会社におすすめ!

  • 電話の運用コストを大きく削減したい
  • 外出や国内出張、海外出張が多い企業
  • 支店が多く出張や在宅ワーカーが多い企業

Biztel

主な機能

  • #代表番号発着信
  • #IVR(音声ナビ)
  • #課金明細が明確
  • #通話履歴を閲覧可能
  • #コールセンター管理
  • #稼働状況モニタリング
  • #エージェントレポート対応
  • #ソフトフォン利用可能
  • #電話帳共有が可能
  • #最短5日で導入
  • #全通話録音機能

おすすめ度

  • 価格★★★☆☆
  • サポート★★★★☆
  • 機能★★★★☆
  • 導入実績★★★☆☆

大手企業も契約していて実績もあります。
料金は利用規模に合わせて用意されていて、一番お得になるプランを選べます。
公式サイトには導入事例がわかりやすく掲載されていて導入イメージがわきやすいです。

こんな会社におすすめ!

  • コールセンターを24時間対応で作りたい
  • 電話の無駄な取次ぎを省き複業務効率化をはかりたい
  • 営業時間外の問い合わせのとりこぼしをなくしたい

オフィスリンク

主な機能

  • #話中転送
  • #応答遅延転送
  • #無条件転送
  • #着信圏外転送
  • #保留転送
  • #発信、着信系
  • #コールハンティング
  • #パーク保留
  • #パーク応答
  • #発信規制
  • #マルチライン

おすすめ度

  • 価格★★★☆☆
  • サポート★★★☆☆
  • 機能★★★★☆
  • 導入実績★★★☆☆

日本3大キャリアに数えられるNTTドコモが提供するPBXサービスということで、安心して利用できます。
NTTドコモの携帯やスマホを内線化でき、外出先でも定額通話できますし、全国が内線エリアになるうえ好きな端末を利用できます。

こんな会社におすすめ!

  • 既存ビジネスフォンをそのまま利用したい
  • 通話環境の品質を重要視している
  • 好きな端末を内線化させたい
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。
ページトップへ
おすすめ比較ランキングはこちら