内線クラウドでまるっと解決 > お役立ちコラム > ビジネスフォンとパソコンを連動させるメリットは?

ビジネスフォンとパソコンを連動させるメリットは?

ランキングはこちら

Pocket

業務の効率アップ

ビジネスフォンとパソコンを別々に管理していると、それだけ作業することが多くなります。

仕事が少なくて暇なときは問題ないこともありますが、忙しいときは大きな支障が出る可能性も。

取引先からの印象が悪くなるということもあり得ますからね。

ビジネスフォンとパソコンを連動させると、データが管理しやすくなります。

人がする作業を少なくすることができますので業務の効率化にも繋がるでしょう。

取引先からも、仕事が早いなと思われることが多くなり、どんどん仕事が増えるという循環になるという期待ができますね。

業務の効率を上げたい場合、ビジネスフォンとパソコンを連動させる方がいいです。

コスト削減

ビジネスフォンとパソコンを別々に使用していると、用紙などが必要になることが多いです。

印刷するとなると、プリンターやインクなども必要になるでしょう。

年間で見ると、大きな出費になってしまいます。

しかし、ビジネスフォンとパソコンを連動させることで、データの送受信ができるようになり、用紙などは不要に。

印刷するという作業もなくなりますので、プリンターやインクも不要です。

毎月、購入していたコストが削減できますので、会社の利益率が高まることに貢献できるでしょう。

経営が厳しい会社にとって、有効な手段かもしれませんね。

今後はビジネスフォンのクラウド化が主流に?

ビジネスフォンとパソコンを連動させることで、業務の効率アップ、コスト削減などのメリットがあります。

しかし、時代に取り残されるリスクがあるのも事実です。

現在では、データをクラウドで管理することが浸透してきています。

ビジネスフォンに関しても、クラウド化が進んでくることでしょう。

最近では、クラウドPBXを導入し、新しい働き方ができるような環境と整えている会社も増えてきています。

そうなると、ビジネスフォンとパソコンを連動させることに関しても、必要なくなることが予想できるでしょう。

在籍している社員が対応できるかという点があるものの、準備を始めることは必要ではないでしょうか。

ランキングはこちら

この記事の監修者

この記事の監修者

五十嵐 亮(イガラシ リョウ)

IPTPC認定技術者資格、電気通信主任技術者

経歴
NTT西日本の法人回線営業にてトップの成績を残し転職。現在はIT企業にて 起業開業支援コンサルティングを行っている。

関連記事

スマホ内線化クラウドPBX比較

内線クラウド Circle Cloud

主な機能

  • #電話番号の変更なし
  • #番号そのまま利用可能
  • #6000台の導入実績
  • #業界トップクラスの高音質
  • #セキュリティー対策も万全
  • #約200ユーザーまで無料
  • #様々なCRMとも連携
  • #050や0120番号も提供可能
  • #デスクトップを共有する事も可能

Circle Cloudが「 IT導入補助金2020の対象ツール」

おすすめ度

  • 価格★★★★★
  • サポート★★★★★
  • 機能★★★★★
  • 導入実績★★★★★

Circleのクラウド電話サービスは、インターネット接続環境さえあればすぐに利用可能で初期費用も運用費も安く抑えられます。
外出先や出張先の電話は海外でも内線化できて通話料を無料にできたり、スマホや遠くにいる支社からでも代表番号から発着信ができます。
ビジネスシーンで便利なWEB会議やデスクトップ共有といった機能も利用でき、わかりやすい料金体系に加え問い合わせればすぐに見積もりを作成してくれます。
リモートワークや在宅勤務の仕組みを会社として導入検討されている方。Circle Cloudなら、会社の電話を自宅でとれたり在宅での作業も可能となります。

こんな会社におすすめ!

  • 電話の運用コストを大きく削減したい
  • 外出や国内出張、海外出張が多い企業
  • 支店が多く出張や在宅ワーカーが多い企業

Biztel

主な機能

  • #代表番号発着信
  • #IVR(音声ナビ)
  • #課金明細が明確
  • #通話履歴を閲覧可能
  • #コールセンター管理
  • #稼働状況モニタリング
  • #エージェントレポート対応
  • #ソフトフォン利用可能
  • #電話帳共有が可能
  • #最短5日で導入
  • #全通話録音機能

おすすめ度

  • 価格★★★☆☆
  • サポート★★★★☆
  • 機能★★★★☆
  • 導入実績★★★☆☆

大手企業も契約していて実績もあります。
料金は利用規模に合わせて用意されていて、一番お得になるプランを選べます。
公式サイトには導入事例がわかりやすく掲載されていて導入イメージがわきやすいです。

こんな会社におすすめ!

  • コールセンターを24時間対応で作りたい
  • 電話の無駄な取次ぎを省き複業務効率化をはかりたい
  • 営業時間外の問い合わせのとりこぼしをなくしたい

オフィスリンク

主な機能

  • #話中転送
  • #応答遅延転送
  • #無条件転送
  • #着信圏外転送
  • #保留転送
  • #発信、着信系
  • #コールハンティング
  • #パーク保留
  • #パーク応答
  • #発信規制
  • #マルチライン

おすすめ度

  • 価格★★★☆☆
  • サポート★★★☆☆
  • 機能★★★★☆
  • 導入実績★★★☆☆

日本3大キャリアに数えられるNTTドコモが提供するPBXサービスということで、安心して利用できます。
NTTドコモの携帯やスマホを内線化でき、外出先でも定額通話できますし、全国が内線エリアになるうえ好きな端末を利用できます。

こんな会社におすすめ!

  • 既存ビジネスフォンをそのまま利用したい
  • 通話環境の品質を重要視している
  • 好きな端末を内線化させたい
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。
ページトップへ
おすすめ比較ランキングはこちら